知的財産戦略が、今日、企業経営の要諦のひとつであることはすでに論を俟たないところとなって参りましたが、一方で、BRICsに代表される中堅先進国、発展途上国の激しい追い上げの中、混迷の時代を迷走するわが国においては、企業の知的財産戦略についても、これまでのような先進国中心の単純な図式では計り知れない、複雑で高度な問題に直面しつつあります。

 
   弊所は、企業、研究機関等が知的財産を最大限に活かすことができるよう、その権利の取得・管理から紛争処理に至るまで、きめ細かくお手伝いすることは勿論のこと、国内外の動きに敏感に反応し、皆様のご要望に的確に対応できるよう、知的財産権を扱う問題解決型集団として機能することを使命としております。したがって、特許庁に対する各種手続(特許、実用新案、意匠、商標等に係る出願、審査、審判など)の代理業務、裁判所における訴訟代理人または輔佐人としての業務をはじめとして、著作権、ライセンスなどを含む知的財産の全域をカバーする各種相談業務、鑑定業務などを通じて、知的財産に係るあらゆる問題の解決に積極的に取り組んでいます。

 
 

 弊所は、創立20年の比較的若い特許事務所でありますが、前身の南孝夫特許事務所から通算すると約40年の歴史と蓄積をも有する、現在12名の弁理士を中心とする総勢39名(非常勤職員を含む)の中規模特許事務所であります。特許事務所の業務は、依頼人との血の通ったコミュニケーションに基づく連携プレーと機動力によって、はじめて有効に機能するものと考えますが、葛和国際特許事務所は、事務所の規模、スタッフ陣のクウォリティなどの面からみて、これらに相応しい資質を備えた事務所であると自負しています。

 技術面につきましては、各方面からのご要望にお応えできるよう、前記12名の弁理士に加え、19名の優秀な技術スタッフを配してあらゆる技術分野にも対応できる体制を整えるとともに、所内勉強会などを通じて常に先端技術や法律面での最新情報の収集に努め、知財戦略、知財保護のありかたについて事務所としての検討も積極的に推し進めています。また、各種事務手続につきましては、ベテランのパラリーガルスタッフ及び事務スタッフによって迅速的確な事務遂行を可能にしています。一方、充実した海外業務も、経験豊富な葛和国際特許事務所の特徴のひとつといえます。数多くの外国企業をクライアントとする弊所が積み上げてきた経験と、米国人1名と中国人1名をも擁する弊所の語学力を生かした、ほぼ全世界での業務を網羅する提携各国特許法律事務所との密な意志疎通に基づく共同作業により、弊所の海外業務は、極めて活発な展開をみるに至っています。


 
 



 
  スタッフ紹介


  所長弁理士 葛和清司

東京農工大学工学部卒業と同時に特許庁入庁。審査官(塑性加工、応用化学、医療の各部門)、工業所有権制度改正審議室、審査基準室長補佐、日米交流審査官(米国特許商標庁)、審判官(繊維部門)等を経て1992年特許庁退職。特許庁在職中、ミュンヘン大学法学部及びマックス・プランク知的財産権研究所留学。1992年弁理士登録。1992~1995年スイスの総合化学メーカー特許商標本部勤務(日本法人の知財担当部長兼務)。1995年より現職。2004年付記弁理士登録(知財関係侵害訴訟代理資格者)。2004~2005年千葉大学特任教授。2005~2006年特許庁知的財産プロジェクト研究会委員。AIPPI、APAA、FICPI、INTA、PTMG、AEA会員。


 

著書等:   新薬のデータ保護について(共著)知財管理Vol.66 No.3 (2016)、ESZ/SPC, Ergänzende Schutzzertifikate (医薬品の補足保護証明制度:ドイツ語/英語)(分担執筆) Carl Heymanns Verlag (2014)、 企業経営に連携する知的財産部門の構築(分担執筆) 発明協会(2007年)、特許の真髄(共訳)発明協会(2005年)、知的財産法基本判例ガイド(分担執筆) 朝倉書店(2005年)、詳説改善多項制・特許権の存続期間の延長制度(共著)発明協会(1988年)、最新・特許管理マニュアル(分担執筆)新技術開発センター(1988年)、ヨーロッパ特許欧州での発明の単一性について(翻訳)AIPPI誌(2004年10月)、Japanisches Fallrecht zu klinischen Versuchen mit patentierten Arzneistoffen (日本における特許医薬物質の臨床試験についての判例:ドイツ語)die pharmazeutische industrie Band 61 Nr. 1(1999年)、欧州における化学発明(1),(2) 特許管理 Vol.30 No. 4,No. 5 1980年 ほか。

専門分野: 材料科学、有機化学、医薬、繊維、訴訟



  副所長弁理士 塩崎 進

名古屋大学工学部応用物理学科卒業、同大学院修了と同時に特許庁入庁。審査官(計測、応用物理、応用光学、材料分析)、審判官(計測、電子ゲーム、農業機械)として勤務。その間、外務省国際連合局出向、世界知的所有権機関(在ジュネーヴ)、日欧交流審査官(欧州特許庁)、国際協力事業団ヴィエトナム特許庁近代化プロジェクト(在ハノイ)、弁理士試験委員等歴任。2007年1月特許庁を退職し、弊所入所、弁理士登録。

専門分野: 物理学、計測工学、電子工学、情報科学、商標



  弁理士 杉江 顕一

名古屋大学農学部卒、同大学院生命農学研究科生物機構・機能科学専攻修了。 大阪の特許事務所および都内特許事務所勤務の後、2016年弊所入所。2010年弁理士登録。

専門分野: バイオテクノロジー、医薬



  弁理士 木村 伸也

東京工業大学工学部有機材料工学科卒、京都大学大学院人間・環境学研究科修了(修士)、東京工業大学大学院有機・高分子物質専攻修了(博士)。東京大学助手としての研究活動および特許庁審査官としての審査業務を経験後、2011年弁理士登録。都内特許事務所を経て、2016年弊所入所。

専門分野: 材料科学、有機化学



  弁理士 小田切 美紗

ワシントン大学生物学部卒業。オレゴン州立霊長類研究所および都内の特許事務所での勤務の後、2010年弊所入所。2013年弁理士登録。

専門分野: 脳科学、生化学、動物行動学



  弁理士 矢後 知美

米国テキサス大学アーリントン校を経て、インディアナパデュー大学農学部食品科学科卒。2006年弊所入所。2014年弁理士登録

専門分野: 生化学、食品科学



  弁理士 松浦 綾子

熊本大学工学部を経て同大学院自然科学研究科物質科学専攻修了。 在学中に英国バーミンガム大学に交換留学。化学分析関連の企業での勤務を経て、 2009年弊所入所。2015年弁理士登録。

専門分野: 分析化学、無機化学、有機化学



  弁理士 大栗 由美

東北大学理学部化学科卒、同大学院理学研究科化学専攻修了。 大手繊維メーカー医薬研究所勤務の後、国立大学発ベンチャー、北海道大学大学院学術研究員等経て、 2015年弊所入所。2015年弁理士登録。

専門分野: 有機合成化学、医薬、遺伝子工学



  弁理士 千野 櫻子

東京農工大学工学部生命工学科卒、同大学院工学府生命工学専攻修了。 科学機器メーカー勤務の後、都内特許事務所勤務、2013年弁理士試験合格を経て、2016年弊所入所。2017年弁理士再登録。

専門分野: 分子生物学、遺伝子工学



  弁理士 木羽 邦敏

東京水産大学(現:東京海洋大学)水産学部食品生産学科卒業後、ベンチャーキャピタルにて医療分野での開発および事業化に従事の後、2016年弊所入所。2016年弁理士登録。

専門分野: バイオテクノロジー、食品化学、水産



  常任顧問弁理士  前田 正夫

大阪大学工学部卒業と同時に特許庁入庁。審査・審判官(運輸、事務機器等の部門)、審査基準室等を経て1993年特許庁退官。同年前田国際特許事務所開設。2001年より現職。1993年弁理士登録。

専門分野: 造船工学、機械工学、情報科学



  技術主幹  寺川 誠

東北大学理学部、東京農工大学農学部を経て同大学院修了(農学修士)。大阪の特許事務所勤務の後、2000年入所、2010年より現職。

専門分野: 微生物学、遺伝子工学、化学、商標、意匠



  中国弁理士  鄭 益鴻

中国山東大卒、韓国科学技術院修士、東京農工大院修士、東京大院博士中退、2012年弊所入所。2013年中国弁理士試験合格。2015年中国弁理士登録。

専門分野: 神経科学、分子生物学、環境社会学

 



  技術顧問  ラマナタン シャンカラン(PhD)

ケレラ大学、同大学院にて化学専攻後、ボンベイ大学大学院化学技術研究科にて博士号取得。 インド大手製薬企業にて研究員および知財部長として30年以上勤務の後、インドの特許法律事務所を経て、2014年より現職。

専門分野: 化学、薬学、薬事・法務

 


  技術顧問 法元 琢也

埼玉大学理工学部応用化学科卒、東京工業大学大学院修了(工学修士)。国内大手化学メーカー10年、外資系総合化学メーカーにて20数年、技術開発・技術営業、知財業務に従事。都内特許事務所勤務を経て、2016年弊所入所。

専門分野: 高分子化学、有機化学



  技術顧問  高河原 芳子

東京大学薬学部卒。同大学院薬学研究科博士課程在学中の2003年に弁理士試験合格。2004年同大学院修了、薬学博士。同年弊所入所。2005年米国にて特許実務研修。2017年弊所再入所。

専門分野: 分子生物学、遺伝子工学、薬学

 


 



技術スタッフ



  永野 泰 農学士
専門分野: 分子生物学、生化学、有機化学


  上野 征秀 工学修士
専門分野: 電気・電子工学、情報工学、機械


  大森 将司 工学博士
専門分野: 分子生物学、遺伝子工学、生化学、高分子化学


  古田 篤史 工学博士
専門分野: 化学、生化学、分子生物学


  萩原 剛志 法学士、国際貢献修士
専門分野: IT、法務、薬事、ライセンス


  山本 祥恵 農学士
専門分野: 生化学、機械


  藤田 聡 理学士
専門分野: 有機化学、生化学、薬学


  岡 敦子 理学修士
専門分野: 衛生工学、機械工学 情報工学


  奥野 昭宏工学博士
専門分野: メカトロニクス、金属材料科学、情報通信工学


  高柳 幸 医学修士
専門分野: 医科学、海洋生物学


  ネルソン・まどか 理学博士
専門分野: 触媒化学、界面科学 他


  ディーター・ブラント 専門分野: 機械、電気、ライセンス 他



 



パラリーガルスタッフ



  中畑 由利子 外内出願・中間、経理

  増田 由美 内内出願・中間、外内中間、商標・意匠、訴訟

  堀 彩子 内内出願・中間、PCT出願、外内出願・中間、内外出願

  管 優希 外内出願・中間、内外出願・中間

  佐藤 祐美 外内コレポン、意匠・商標

  辻 愛規 内内出願、内外出願、外内コレポン

  中村 美和子 内外出願、外内出願、中間

  井上 由菜 外内出願・中間

  三本松 藍 外内出願・中間

  エリザベイト ハインズ 外内出願・中間

     





 
Home       |       About Us       |       News       |       Contact Copyright © 2001 Kuzuwa & Partners All rights reserved.